>

雑に髪の毛を扱わない

いきなりシャンプーを使わない

お風呂に入る時にシャンプーをすると思いますが、その前に髪の毛をブラッシングしてください。
髪の毛が絡まっている状態でシャンプーをしても汚れを落とせませんし、無理に髪の毛をほどこうとすると切れる危険性があります。
絡まっている部分があれば丁寧にほぐし、サラサラの状態になってから入浴すると良いですね。

ブラッシングが終わったら、次は予洗いという工程に進みます。
ここまでは、まだシャンプーを使えません。
予洗いは、お湯だけで髪の毛を流す工程のことを言います。
実はお湯だけでも、髪の毛や頭皮の汚れをある程度は落とせます。
かなり汚れが溜まっている時はシャンプーが泡立たないので、予洗いを済ませてからシャンプーに進みましょう。

洗う時の温度

シャンプーの量は、多すぎても少なすぎてもいけません。
適量を取り、地肌を洗うように意識してください。
この時は、しっかりシャンプーを泡立てましょう。
泡立てることで汚れを落とし、頭皮の清潔な状態を維持できます。
十分に洗ったら、シャンプーを流してください。

ヌルヌルしている状態だと、まだシャンプーが残っているのでその感触がなくなるまで流しましょう。
またシャンプー中は、ぬるま湯を使うことがコツです。
冷たい水では、綺麗に汚れを落とすことができません。
逆に熱すぎるお湯では、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
頭皮を保湿するために、適度な皮脂は必要だと理解してください。
そのために、ぬるま湯で洗うのがベストだと言われています。