>

熱風を当てすぎないように

直接熱風を当てないように

髪の毛が濡れていると、キューティクルが開いてダメージを受けやすくなります。
すぐにキューティクルを閉じられるように、髪の毛を乾かしてください。
この時はタオルで乱暴に拭いたり、ドライヤーを至近距離で使ったりすることは控えてください。
優しく乾かせるように、まずはタオルを髪の毛に被せましょう。
その上から、ドライヤーの熱風を当ててください。

直接熱風を当てると、熱によるダメージを与えてしまいます。
また20センチほど離して熱風を当てると、さらにダメージを緩和させられるのでおすすめです。
完全に乾くまで、ドライヤーを使い続けてください。
ですから髪の毛を乾かすのは、時間が掛かる作業です。
それでも面倒に感じず、ケアを続けましょう。

冷風で仕上げを行う

ドライヤーに、冷風を出す機能があるでしょうか。
その機能がある人は、最後に冷風を髪の毛に当ててください。
すると、しっかりキューティクルを閉められます。
しかし少しでも水分が残っている状態で冷風を当てると、ダメージを与えてしまいます。
熱風で、完全に水分を飛ばすことを心がけてください。

もしドライヤーに冷風の機能がなかったら、買い替えることをおすすめします。
安いドライヤーでも冷風が出る機能が備わっているので、予算が少ない人でも買えるでしょう。
洗い流さないトリートメントを使うなら、ドライヤーの前に使ってください。
そうすることで、熱風によるダメージを削減できます。
髪の毛全体に行き渡るよう、丁寧にトリートメントを塗り込みましょう。